当サイト管理人「にき美」について

始めまして。当サイト管理人の「にき美」です。

当サイトでは、ニキビに悩む管理人の「にき美」が、自身の経験を元にして、日々ニキビに関する情報を発信しています。

また大変お見苦しいですが、ブログのいたるところで、私のニキビ画像を掲載させて頂いております。同じようにニキビに悩む方の少しでも参考になればという思いからです。

では、引き続きよろしければ私の自己紹介をお読みください。

「にき美」の名前の由来

最初に「にき美」という名前についてお話します。

私は本当に毎日ニキビについて悩み苦しんでいます。できるだけ自分の顔を隠したいし、ニキビの話をすることすら嫌なんです。

そんな私が当サイトを開設することになり、ましてや、このニキビだらけの顔を公開することになったのです。

すごく勇気のいることです。分かってください。

そして、せめて名前ぐらいは「美しい」名前にしたくて、自分のことを「にき美」という名前にさせてもらいました。

すごくずうずうしい名前ですが、その美しい名前のおかげで、何とかこのサイトを運営できています。

「にき美」のプロフィール

私は現在40代。旦那と小学生の子供2人の4人家族です。

仕事は、子供の状況に合わせてしたりしなかったりを繰り返しています。

出産後は毎日忙しく、ろくにスキンケアをする時間がありませんでした。でも子供が小学校に入ってからは、少し自分の時間が取れるようになってきました。

男っぽい性格で、面倒なスキンケアは3日しか続かないほどの面倒臭がりです。やる気を出して新しいスキンケアシリーズを買ってきても、すぐに面倒になって続かないことが多いです。

だからニキビがひどいんだと分かってはいるのですが・・・。

「にき美」のニキビ歴

私は10代の頃から顔中ニキビだらけでした。

その頃は、赤いジュクジュクの痛いニキビでした。ニキビの知識が全然なくて、手で触って無理やりつぶしたりを繰り返していました。

その結果、20~30代でニキビ跡が目立ち始め、顔中ひどいデコボコになってしまいました。いわゆるクレーターというものです。

社会人になり結婚が決まり、結婚式に向けてニキビを治したい!と思いました。そして、人生で初めてのエステに通い始めました。ピーリングをしたりフォトという光を当てたりして、とにかくエステの人の指導を信じてニキビ改善に取り組みました。

その結果、人生最高の肌の状態で結婚式を挙げることができました。

でも、その後の新婚旅行や仕事で多忙が続き、また新しいニキビがどんどんでき始めてしまいました。

エステできれいになっても、その後も継続して手入れすることがいかに大切かを痛感したのです。

そして、妊娠出産によりニキビはさらにひどくなりました。でもニキビをケアする時間など取れず、ほとんどほったらかしの状態が10年ほど続いていました。

そして今40代。

子供が小学生になり、少し自分の時間がとれるようになってきました。

ふと自分の顔を鏡で見ると、相変わらずデコボコの汚いニキビだらけの顔です。見て見ぬふりをしてきた結果だと思いました。何かケアを始めたいとは思っていても、もう面倒な気が少しありました。

「にき美」が本気でニキビケアを始めた理由

先ほどから書いているように、ニキビに悩んでいても、面倒でなかなかケアしてこなかった私。

ですが、あるとき子供から言われてしまったんです。

「ママはお顔の病気?ブツブツがいっぱいだもんね」と。

これは本当にショックでした。子供は私は病気だと思っていたのです。

ニキビのせいで、このひどいニキビのせいで・・・。

その瞬間、私は本気でニキビを治すことを胸に誓いました!!

ニキビケア前の「にき美」のニキビ

最後に、本当にお恥ずかしいのですが、私のニキビ顔を載せておきます。

この写真で見ると、たいしてひどくないように見えますが、本当はもっと赤くてデコボコがひどいです。

特に、右側のまゆ毛のあたりからフェイスライン沿いにニキビ跡がひどく、クレーターが目立っています。おでこをスッキリ出す髪型をしたいのですが、クレーターのせいで、仕方なく髪の毛で隠して生活しています。

あと、左側の顎のところに、繰り返し赤くて大きなニキビができます。睡眠不足や体調が悪いと大きくなり痒みもあります。このニキビはすごく痛々しいので、他人によく心配されてしまいます。

心配されるほど辛いんですけどね・・・。

さらには、ほとんど室内で過ごしているのに、なぜか顔が黒いことも悩みです。

黒くてニキビがいっぱい、本当に嫌で嫌でしかたありません。

なんとしても、ツルツルの色白の肌になることが私の目標です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする